特典航空券が取れない場合の裏ワザ

特典航空券が取れない場合の裏ワザ

特典航空券を複数名で予約するのって

なかなか難易度が高いですよね。

1名であえばまだしも、
4名ともなれば予約は至難の技。

例えば春休みシーズンの3月末は
往路は比較的空いていますが
復路はことごとく満席だったりします。

今回私が目的地として選んだのは
タイのリゾートアイランドのプーケット。

ディカプリオ主演の映画
「ザ・ビーチ」で有名なピーピー島の近くです。

そこで、まずはANAやJALの自社便で検索し満席。

次に提携航空会社で検索しても満席。

通常であればここで諦めるケースも多いかと思います。

こんな時に試してみたいのが経由便の検索です。

ANAの提携航空会社も含めた検索でも
表示されるのは一部の路線のようです。

アジアを代表する国際ハブ空港といえば、
香港や、シンガポール、韓国仁川などがあります。

ハブ空港を経由すれば残席も残っているのでは?
そう考えてみました。

たしにか直行便や提携航空便は満席でしたが、
経由地に香港や韓国を選択すると空席が見つかりました!

経由地が増えると遅延や荷物の紛失が気になりますが
意外と予約ができるんですね。

こちらが経由地です。
東京(成田) – バンコク(BKK) – プーケット
プーケット – バンコク(BKK) – ソウル(仁川) – 東京(成田)

ちなみに今回の移動に要するコストは
大人4名で燃油サーチャージが12万円、
必要マイル数は15万マイルでした。

今回はタイ国際航空でほとんど移動しますが
4名で予約しても座席は同社でネット指定が可能です。

また、今回はじめて知ったのが
熱帯モンスーン気候のベストシーズンは
日本の夏ではなく冬から春だったんですね。

この時期は沖縄もまだ海が冷たいので
乾季のアジアのビーチはオススメですね。

About Kenichi Muto

日本製品の海外販売を行う匠の技株式会社 代表取締役社長 個人の海外販売をサポートする組織 海外販売エグゼクティブクラブの講師兼サポートメンバー 2004年 eBayにて日本製品の販売を開始 2011年 米国amazonにて日本製品の販売を開始 世界8ヶ国のamazonやeBay自社ショップを通じ178ヶ国を対象に年間20万件の取引を行う。 法人コンサルティングを通じ国内メーカーの海外販路の開拓もサポートしている。 日本製品の海外販売に関する記事を日々発信中。

Leave a Reply

Your email address will not be published.