昨日のナイジェリアに続いて今日はタンザニアについての研修

こんにちは、武藤です。

先日ナイジェリアで事業を展開されておられる
経営者のお話を伺う機会がありました。

なぜ私が西アフリカのナイジェリアに?と
思われるかもしれません。

たしかに当社のメイン事業は、
主要先進国における日本製品の販売です。


とはいえ、このメイン事業をやみくもに
大きくするつもりはありません。

具体的な年商でいえば1億5千万円程度が
管理しやすい規模と考えています。

なんだたったの月商1千万円強じゃないかと
思われるかもしれません。

でもこれで良しと考えています。

なぜなら、ビジネスは規模ではなく効率。
在庫の回転と利益率のバランスが重要だからです。

これまでに販売を行った実体験をもとに、
海外事業展開を進めています。

複数の事業を組み合わせることで
ビジネスへの取り組みを楽しみたいと考えています。

そのための布石の1つが7月の海外視察です。

前回の海外視察では訪問できませんでしたが、
中東・アフリカ、東欧諸国にはかなり興味があります。

現地で誰がどんなビジネスをしているのか?

現地の富裕層には何が受けているのか?

どんな商品やサービスが求められているのか?

BOPと呼ばれる非富裕層を対象としたビジネスには
どんな可能性があるのか?

ネットで物は買えるのか?

外資に対する規制はあるのか?

などなど、とにかく事業展開を進めるにあたり
必要な知識や情報をインプットしまくっているところです。

今日はいまからタンザニアに関する勉強会です。

タンザニア産業貿易省の方も来られるということで
お話を伺うのが楽しみです。

 

【あとがき1】
海外販売についてもうすこし詳しく知りたい方は
以下より海外Amazonを利用した海外販売に関する
小冊子と動画を【無料】で請求いただけます。

 

 

http://mutojapan.com/nomadexporter/ama

Amazon海外販売戦略大全集は
私が執筆・監修をした海外販売の有料マニュアルです。

アマゾン海外販売のFBAでは
仕入れで失敗をしないことが最大の戦略。

すでにアマゾン海外販売に取り組まれている方、
そしてこれから取り組まれる方におすすめの教材です。

まずは無料の小冊子を通じて
海外販売の魅力を知っていただけたらと思います。
【あとがき2】
海外発送に私が1年以上利用してきたサービスが
ついに一般に公開されました。

Hasso Japanの海外発送代行サービス
http://mutojapan.com/nomadexporter/hasso

正直 1件390円という単価については
SOHOさんのほうが安く済むかもしれません。

ただ、マニュアルの作成やスタッフの育成
進行状況のウェブ管理システムなど
自社でまなかうとなると相当な手間と費用がかかります。

月額1万円。商品1点あたりの手数料390円は
利用して間違いのないサービスだと思います。
【あとがき3】
現在、個人コンサルティングは募集していませんが、
海外販売のエグゼクティブクラブにて
アマゾン輸出を実践される方をサポートしています。
http://mutojapan.com/nomadexporter/em

上記の会を通じてアマゾン輸出についてのご質問や
ご相談を承っています。

エグゼクティブクラブでは、
アマゾン販売のみならずeBay輸出や
個人輸出商社といった新しい販売にも対応しています。

About Kenichi Muto

日本製品の海外販売を行う匠の技株式会社 代表取締役社長 個人の海外販売をサポートする組織 海外販売エグゼクティブクラブの講師兼サポートメンバー 2004年 eBayにて日本製品の販売を開始 2011年 米国amazonにて日本製品の販売を開始 世界8ヶ国のamazonやeBay自社ショップを通じ178ヶ国を対象に年間20万件の取引を行う。 法人コンサルティングを通じ国内メーカーの海外販路の開拓もサポートしている。 日本製品の海外販売に関する記事を日々発信中。

Leave a Reply

Your email address will not be published.